早漏の辛さを誰よりもよく知る私、管理人からの挨拶です。少しでも皆様の早漏改善のお役に立てると幸いです。

リドカイン・早漏改善法伝授

管理人挨拶

サイト名 リドカイン・早漏改善法伝授
サイトURL http://www.restaurantheidelberg.com
運営者 まぐニート

管理人は今年32歳になりました。

ちなみに初体験は、自慢ですが、中学の3年生の時に童貞は卒業しました。
はじめての相手は先輩の女性でした。

SEXというよりは、好きなままにされたといった方が正確かも知れませんが…。

そこから何人からの女性とお付き合いしましたが、今でも覚えているのが3人目の彼女との事です。
SEXを始めてペニスを挿入したんですが、その時に言われた一言がトラウマになってしまい早漏を発症する様になりました…。

その一言が「入れていいよ」でした…。
「こっちは挿入しているっての…」なんて思ってその時は流しましたが、その内「もしかすると自分のムスコは小さい?」なんて疑問が浮かびその後、頭から離れなくなってしまいました。

その後は、自分のムスコが小さいなんて思い込んでしまい女性の前で裸になる事が恥ずかしくなってしまい不安や緊張感に襲われる事に悩んでいました。

早漏は「三擦り半」なんて言いますが、3回半擦ってイクは大げさですが、挿入してから1分と掛からず射精してしまうので「女性を満足させられていない…」って感じるようになって苦痛に変わる様になっていきました。

さすがに気持ち良いはずのSEXが苦痛に変わるのは精神的に辛いと思って、抵抗は有りましたが早漏専門のクリニックに受診する決意をしました。
結果は「心因性の早漏」。
まあ何となく分かっていたので受け入れるのは他の人よりは早かったはずです。

その日から早漏との付き合いがはじまり、色々なことを試してきました。

こころのケアや塗り薬、飲み薬、早漏防止トレーニング、時には手術を考えたこともありました。
ただ、どれも価格が驚く程に高いんです…。
どれも保険の適応もないので飲み薬なんて1錠3000円近くもするんです…。
高すぎて使うのをためらうほどで、毎回のSEXで使える訳がないですよね。

お金もかからないで最も安全な方法は「スクイーズ法」というトレーニングなので今でもたまに奥さんに協力してもらって行っています。

昔に比べれば今では持続力も高まったのでそこまで気にすることは無くなりましたが、少し気を抜くと短時間で射精してしまうので今でも多少は気を張ってSEXしています。

人によって原因も改善の方法も異なりますが、早漏の先輩として管理人が言えるのは、症状は良くなるので根気強く治療を続けるのが大切ですよ。ということです。

当サイトをご覧いただきありがとうございました。
早漏に悩む男性を少しでもサポートできたらうれしいです。

通信販売法に基づく表示

当サイトでは、アフィリエイトプログラムによって商品をご紹介させていただいております。

アフィリエイトプログラムとは、商品やサービスを提供するリンク先のサイト運営者と業務提携を結んで、サイト内で紹介するインターネットシステムです。
当サイトでご紹介している商品は、直接当サイトが販売しているのではなく、リンク先のサイト運営者の販売となります。

通信販売法に基づく表示等は、各リンク先のサイト内でご参照ください。